賃貸ではなくマンションを購入するメリットとは

マンションを購入するメリットは一生涯生活できる住宅が手に入ることです。

賃貸ではなくマンションを購入するメリットとは

購入するメリットとは

住宅を購入するのは大きな決断です。
何千万円ものお金をかけて何十年もかけてそのローンを支払っていくわけですからそう簡単に決断できるものではありません。
優柔不断な性格の方なら決断までにかなり時間もかかってしまうのではないでしょうか。
分譲マンションの購入を検討されている方も大勢いらっしゃると思います。
しかも間もなく消費税が上がることが発表されたばかりですから何とかその前に決めてしまいたいと考えている方も多く出てきていると思うのです。
そこでマンションを購入するメリットについて知ると決断を後押ししてくれるかもしれません。
まず一生暮らせる住宅が手に入ることです。
近頃は雇用の不安定さと不況の影響が出て、住宅購入を控える動きが目立ってきているのです。
住宅を購入せずに賃貸住宅で暮らし続けるのです。
確かにそれはリスクが少ないように見えるかもしれません。
しかし家賃は毎月かかっているのです。
もしも勤務先から住宅の補助費用が出なければその家賃負担も家計にとっては大きな損失となるのではないでしょうか。
実際のところ、マンションや住宅の購入を決めるのは現在払っている家賃が勿体ないからという理由も多いのです。
それを一生払い続けるくらいなら買ってしまった方が自分たちの物にすることができます。
賃貸住宅は事情により出なければいけなくなることも出てくるかもしれません。
また家賃をずっと支払っていけるかどうかも定かではありません。
それなら毎月お金を払ってでも一生涯住み続けることができる自分の家を手に入れたほうが安心だからです。
老後も年金がきちんともらえるのかどうかも定かではありません。
その事を考えるとやはり住宅は持っていた方が将来的な不安も多少は軽減できるのです。
またマンションのほうが高齢者が生活しやすいと言われています。
マンションの周りの管理を管理会社が行ってくれますし、住宅内に階段等もないので高齢者にも生活しやすい設計になっているからです。
資産になります。
住宅は借りているのではなく所有することでその人の資産となるのです。
これを持っていれば例え住宅を住み替えることになったとしても賃貸用として誰かに貸してそれにより利益が得られるようになるかもしれません。
ただし資産となるのは住宅ローンの支払いが終わったことが条件となります。
ローンの返済が滞りそれが支払不能となればその物件は手放すことになるからです。
他にもメリットがありますのでそれを良く考慮してマンション購入を検討してみましょう。

関連記事・情報