賃貸ではなくマンションを購入するメリットとは

ガスと電気の設備で迷ったらそれぞれのメリット、デメリットを調べましょうか。

ガスと電気で迷ったら

最近はオール電化のマンション物件も多くみられるようになってきました。
分譲マンションを買おうと考えている方はオール電化かガスかで迷われるのではないでしょうか。
それぞれメリット、デメリットがありますのでそれを良く知った上で判断材料としましょう。
オール電化の良い点は環境に優しい点です。
お湯なども電気代が安い深夜の時間帯に沸かすので電気料金の節約にもなります。
そしてIHヒーターは手入れが楽です。
平面なので料理をした後もさっと一拭きすればきれいになります。
今までガスコンロを使っていた方はその掃除の大変さをご存知かと思います。
それがだいぶ楽になりますので掃除時間も大幅に短縮することが出来ます。
光熱費が安くなります。
もしもガスが都市ガスではなくプロパンガスだった場合はそれにかかるガス代もかなり高くなるのです。
大型の分譲マンションの多くが都市ガスが引かれていますが地域によってはそれが通っていないところもありますのでプロパンを引いているマンションも中にはあるのです。
オール電化のデメリットは停電の時に困ることです。
一軒家でオール電化を使用している方は、太陽光発電と組み合わせて使用していることと思います。
それなので太陽光が出ている間は例え停電になっても電気を作り続けることができますので停電時にも電気が通常通り使えるのです。
ところがマンションの場合はオール電化でも太陽光と組み合わせている物件はまだまだ数が少なく停電時には全く電気が使えない状態となってしまうのです。
それがなければ食事も作れない、お風呂も入れないなど生活がかなり不便となってしまうのです。
ガスのメリットは何でしょうか。
料理の時の火力が強いことです。
お料理にこだわる方はIHではなく火力が強いガスのほうを選ぶ方が多いのだそうです。
実際に飲食店ではほとんどが調理の際にガスコンロを使っているのです。
また最近のガスコンロはエコでオシャレなデザインの物も増えてきており、以前よりも手入れ等もだいぶ楽になっていると言われています。
停電時でも使えます。
オール電化の場合は停電になったときはお風呂もキッチンも全て使えなくなりますがガスは停電時でも使えるので何かあったときも安心なのです。
また最初はガスやオール電化で決めてしまったけれど、後でやはり変えたいと思う事も出てくるかもしれません。
その時はリフォームが可能なのかどうかを事前に聞いておくと後でトラブルになることもありません。

関連記事・情報